日本人ならなぜか祭りという言葉にワクワクしてしまうという人も多いのではないでしょうか。日本各地に伝わる祭りはさまざまであり、その地域にしっかりと根付いています。日本の祭りとはどのようなものがあるのでしょうか。

 

アマテラス

 

不要になった着物は各地の買取業者への出張着物買取がおすすめです。

 

日本の祭りとは

 

日本には本当に多くの祭りが存在しており、その数は数十万にのぼると言われています。その地域によっても特徴があったり、またさまざまな意味を持っているものもあります。

 

そもそも祭りとはなんなのでしょうか。私たちの近くに当たり前のように存在した祭りですが、夜店や屋台などのにぎやかなイメージで、ちょっとしたイベントであるように思われがちです。

 

ですが、日本の祭りが持つ本来の意味は違います。日本の祭りとは、本来神様への感謝を意味する奉納であり、神道に基づく立派な宗教行事のひとつなのです。

 

日本の祭りの起源

 

日本に祭りというものが始まった、祭りの起源と言われているものが、あの有名な神話、天照大御神(アマテラスオオミカミ)と建速須佐之男命(スサノオ)の岩戸隠れであると言われています。

 

太陽神であるアマテラスが弟であるスサノオの傍若無人な振る舞いに怒り、天の岩戸の中に隠れ引きこもってしまった。太陽神である彼女が隠れてしまったため国中から光りが消えてしまい、これに困った八百万の神々はなんとか彼女に出てきてもらおうと策をこらすことにした。

 

彼らは岩の中のアマテラスの気を引こうと、鳥を鳴かせたり、鏡や勾玉を捧げたり、祝詞を読み上げたりといった宴を行ない騒ぎ立てたが、中々彼女は出て来ない。

 

そこでアメノウズメという女神が自らの裸をさらけだすほどに激しく舞を踊ったところ、他の神々は大いに笑い盛り上がった。するとその大騒ぎが気になったアマテラスはついに岩戸の中から顔を出し、世界には再び光が戻った。「ホームメイトリサーチHPより引用」

 

岩戸から出てきてもらうために行った宴が、祭りへとつながったと言われています。

 

日本中に存在する祭り

 

日本には多くの祭りが存在しており、祭りごとに独自の特徴を持っています。どのような祭りがあるのか紹介します。

 

  • 徳島 阿波踊り・・・徳島に伝わる盆踊りのひとつで、大勢で練り歩く装踊りがとても有名
  • 博多祇園山笠・・・博多の夏を彩る700年続く伝統の祭り。舁き山のタイムテーブルを競う
  • 青森ねぶた祭・・・青森地方の代表的な祭りのひとつ。ラッセラーの掛け声と、色鮮やかな巨大灯篭山車が特徴
  • 岸和田だんじり祭・・・けが人を出してしまうほどの危険なパフォーマンスを行う祭り